FXで絶対に勝てるラインの引き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXで絶対に勝てる手法

FXは負けるのがあたり前。負けてもトータルで勝てれば問題ありません。「そんなことわかってるよ!」頭では分かっていても、それがなぜか実行出来ない・・・

とにかく負けるのが嫌でしょうがないという方も、負ける覚悟が必要。この負ける覚悟がないと、いつまで経っても成長することは出来ませんよ。

FXで絶対に勝てるラインの引き方とは?

FXで絶対に勝てるラインの引き方とは?そんなラインの引き方なんてあるのでしょうか?ライントレードは間違いなく勝てる手法です。ですが、絶対に勝てるラインというのは存在しません。重要なのは基準を持って引くこと。ルールを決め、そのルールにしたがって引くことがライントレードで勝てるようになるコツです。

絶対に勝てるラインの引き方は存在しない

FXライントレードで絶対勝てるラインの引き方というのは存在しません。ライントレードに限らず、「FXに絶対勝てる!」というものは存在しないので、そういうものを探すのは止めましょう。別に負けても全く問題ないのがFX。勝率は50%程度で十分勝てますので。「絶対に勝てる手法」を探す必要はありません。

「絶対に勝てるラインの引き方」「勝率が高い手法」誰だってそういう手法を使いたいに決まってます。でも、そんなものを探すのは時間の無駄。FXトレードは負けることが前提。負けることでお金が増えていくものです。「絶対に勝てるラインの引き方」「勝率の高い手法」こういった手法を探している人の特徴が、負けることを極端に恐れているということ。

つまり、「負けたくない!」という気持ちがあまりにも強すぎるために、絶対に勝てる手法を探しているのです。FXでは負けを受け入れるようにならないと勝てません。トレードの負けは必要経費。必ず払わなければいけないものなのです。

プロスペクト理論

極端に負けることを嫌う人は、とにかくお金が増えません。なぜお金が増えないか?というと、プロスペクト理論が発動しやすくなるからです。プロスペクト理論とは、利益が出てちょっとでも減ると「せっかく利益が出たのに、ここからドンドン減り続けるかも・・・」こういう発想になって、利益が残っているうちにチキン利喰い。逆に、マイナスになると「また戻ってくるかも・・・」という発想になり、損切り出来ない。

これは誰でも同じように考えているんですよ。でも、そこで我慢して目標まで持ち続けるか?決めたところで損切りするか?の違いによって、お金を増やせるか?増やせないか?の結果に繋がります。

FXの負けは必要経費

FXの負けは必要経費。お金を増やすために必ず支払わなければいけない費用です。例えば、あなたが会社の社長として、従業員を雇ったとします。従業員にはちゃんと給料を払いますよね。それと同じことです。「お金がもったいないから給料は払わない!」そんな馬鹿な話はありません。

会社が儲けるためには、従業員には給料を払うし、商品を仕入れたら商品代も払います。お金は減りますが、それ以上のお金が入ってくるので全く問題ありません。FXも同じ。お金を払わないとお金は増えないものなのです。ちゃんと負けを受け入れましょう。

トレンドラインはヒゲで引く?ロウソク足の実体で引く?

ラインの引き方は裁量が入ります。そのため、ロウソク足のヒゲで引くのか?それともロウソク足の実体で引くのか?どっちが正解?こういうことを考える人も多いと思います。特にトレンドラインは裁量判断の割合が大きくなります。

トレンドラインはヒゲで引く?ロウソク足の実体で引く?

赤のトレンドラインがヒゲで引いたもの。青のトレンドラインがロウソク足の実体で引いたもの。全く違いますよね。こういうのを見ると「どっちで引くのが正解?」と悩みがちです。というより、そもそも、赤○の安値を基準に引いて良いのか?という疑問も出てきます。

これはどの引き方でもOKですし、どの安値を基準にして引いてもOK。自分の好きなように引きましょう。トレンドラインは水平線と比べると裁量判断が大きくなります。そのため、どちらかというと、チャートを見やすくするために引くものと考えたほうがやりやすいと思います。「トレンドラインを抜けるまでは何もしない」「トレンドラインを下に抜けたらショートを考えよう」こういう判断で使うのがやりやすいと思います。

手法によってはトレンドラインを引き、ブレイクを狙う手法もあります。その場合は、手法で基準が決まっているはずなのでその基準を使って引きましょう。

水平線はヒゲで引く?ロウソク足の実体で引く?

水平線はヒゲで引くのか?

個人的に、トレンドラインを引くときも、水平線を引くときも、必ずヒゲで引きます。別にロウソク足の実体で引きたければそれでもOK。決まりはありませんし、手法によって違ってきます。ラインの引き方に、「これが正解!」という決まりはありませんが、自分なりにルールを決めることは大事。自分でルールを決めて、そのルールに従って引きましょう。

重要なのは、ヒゲで引くか?実体で引くか?ではなく、そのラインを使ってどのようなシナリオを描くか?ということ。ラインでバチンとエントリーすることもあります。ですが、基本は、ラインからの動きを見てトレードします。

ラインが本当に機能するか?なんて実際にチャートがラインに到達しないと分からないことです。そこでどういう反応をするのか?と見極めることがポイントです。

過去検証は時間と労力の無駄

ラインはエントリーポイントですが、ただのエントリーポイントとして見ているうちは、ライントレードで勝つことは難しくなります。ラインを使って、どのようなシナリオを描くか?ということが重要なので、ヒゲで引くか?ロウソク足の実体で引くか?という疑問は、ぶっちゃけどうでも良い疑問。

「ヒゲで引いたときの勝率と、ロウソク足で引いたときの勝率ではどっちが勝率が高いか?」それを調べるために、過去のチャートを引っ張り出してひたすら検証したり・・・結構やりがちな検証だと思いますが、かなり時間と労力の無駄なのでこういう検証は止めましょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.