予想しないで勝てる手法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXで予想しない手法

「FXは予想してはいけない!」そんなことを言う人もいます。こういうこと言われると「予想しないほうが良いのか?」と思ってしまうかもしれません。では、「予想しない」となると、どんなトレードをすれば良いのか?

サインが出たところで淡々とトレードする?ラインにタッチしたら淡々とエントリーを繰り返す?「予想しない」とはどういうことか?解説します。

予想しないほうが勝てるのか?自分で予想するといつも負ける・・・

「FXは予想するから負ける!」そんなことを言う人もいます。実体験からもわかりますよね。「なぜか自分が予想するといつも相場は逆に動く・・・」そういう経験を何度もすると「予想するから負けるんじゃないか・・・」という答えに行き着いても不思議ではありません。

FXに予想は必要なのか?予想しないで勝てる手法はあるのか?

本当に予想しないで勝てる?

結論から言えばFXで予想は必要です。ただ、勘違いしてはいけないのが、常にチャートの動きを予想しなければいけないというものではありません。ギャンブルじゃないので、常に白黒ハッキリさせる必要はありません。

FXの予想では、上がる?下がるか?という2択になりますが、ここにもう一つの選択肢を加えます。3つ目の選択肢というのは、「どうなるかわからない」という選択肢。

1.上がる
2.下がる
3.どうなるかわからない

相場は、3のどうなるか分からないというのがほとんど。この「どうなるか分からない」という相場で、無理やり「上か?」「下か?」と断定するような予想はダメな予想です。

どうなるかわからない状態でも、「上か?」「下か?」という予想はしてます。でも、その予想でトレードすることはありません。「上に行くかも・・・」という予想はしてても、「これは上に行く!」という確信が持てるまで待つことが大事。

現在のドル円のチャートです。

ドル円2017年7月28日の予想

この記事を書きながらドル円のチャートを見てるわけですが、赤のような動きで下に落ちると予想してます。ちょうど、陰線も出て落ちそうですが、まだ何にもしてません。トレードどころかこの記事を書いてます。

下に落ちると予想してても、まだ何もしません。なぜなら、「これは下に行く!」という確信してないからです。そして、今は、「これは下に行く!」という確信できる形になるまで待っている状態です。

予想が毎回外れるのは確信できるまで待てないから

FXで100%当たる予想はありません。予想したうちの半分は外れるのが普通です。ただ、外れすぎるのはおかしい。予想が下手糞というより、チャンスまで待っていないからというのが大きな原因。

「チャンスまで待つことが大事!」ということが分かっていても、チャンスまで待てない人も多いと思います。チャンスまで待てるか?待てないか?という違いで、成績が安定するか?安定しないか?になるので、しっかり待ちましょう。

なぜチャンスまで待てないのか?

そもそも、なぜチャンスまで待つことが出来ないか?というと、今の位置から赤の軌道で落ちるかもしれないからです。「落ちたらどうしよう」「チャンスを逃す・・・」こういう発想になっているからです。

実際、今も、「このまま落ちるかもしれない・・・」「落ちたらチャンスを逃す・・・」と思って見てます。でも、そこは待たなければしょうがない。このまま落ちたら、「運が無かった・・・」とあきらめます。この、あきらめられるかどうか?というのが、チャンスまで待てるかどうか?ということに繋がります。

もし、「このまま落ちるかもしれない・・・」という感情に負けてエントリーしてV字したらどうでしょう。「なんで待てなかったんだ・・・」という後悔しか残りません。

もう、自分の力じゃ勝てないから、予想屋に頼ろう・・・

自分で予想すると「毎回負ける・・・」その結果、FXブログ、FXサイトの「予想屋に頼ろう!」という発想に行き着きます。人に頼ることを「絶対にやっちゃダメ!」というブログやサイトを見かけますが、別に予想屋に頼っても全く問題ありません。ただし、一つだけ条件があります。それは、必ず自分の裁量を入れましょう。これをやらないと、目も当てられない状態になるので絶対に自分の裁量を入れてください。

「自分の裁量を入れるなら、結局自分で予想するのと同じじゃん!」結局、自分自身で予想するしかFXで勝てる方法はありません。つまり、裁量トレードしか勝てません。ですが、1から全て自分でやる必要はないのです。

99%は人に頼っても問題ありません。残り1%を自分の判断で行なえば、それは立派な、あなた自身のオリジナルの裁量トレードです。裁量トレードの基準が、人と全く同じ結果にならないこと。あくまでも個人的に考える基準ですが。

ブログやサイトの予想屋は、あなただけに予想を提供するわけではありません。他にもたくさんの負け組トレーダーに全く同じものを配信しているのです。もし、それで勝ててしまうのであれば、その配信を受けている負け組の人は全員が勝ち組になってしまいます。

勝ち組になるってそんなに簡単なことなのでしょうか?ごく一部の人間しかなれないから勝ち組なわけです。ブログ、サイトの予想屋から配信を受けたときに考えるべきことは、「自分だけ勝ち組になるためにはどうすれば良いか?」ということ。他の負け組の人と同じことをやっても負け組から抜け出すことは出来ません。

裁量を入れるとは?

例えば予想屋からこのような配信があったとします。

予想屋の予想配信

「水平線にタッチしたらショートです」という予想配信があったとしたら?コレって微妙にタッチしてませんよね。負け組みの人は言われたとおりのことしかやらないのでここで売れません。

予想屋の配信に裁量を入れる

ここは戻り売りを狙う場面でレジスタンス付近まで上がってきてからの、この落ち方です。安値を割った時点で「水平線が機能した!」「戻り売りが入った!」と自分なりに判断して矢印ぐらいからエントリーすれば良いだけ。これが1%の裁量。簡単ですよね。

ただ、これは基本的なことが理解できてないと、こういう裁量すら入れることが出来ません。基本的なことを理解していない人は、ラインをただのエントリーポイントとしか見ません。ちゃんと意味が分かっているからこそ、裁量で判断出来るのです。しっかり基礎から学ぶことが大事ですよ。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.