FXで逆に動く理由とは?なぜ自分がポジると必ず逆に動くのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXで逆に動く理由とは?なぜ、自分がポジるとなぜか必ず逆行する・・・これは、FXをやっていると誰もが経験するFXあるあるです。なぜいつも反対にいくのか?理由はちゃんとあります。

この、自分がポジると逆行する現象は、「なぜ逆に動くのか?」ということを知らないといつまで経っても解決することはありません。

自分がポジるとなぜか逆に行く・・・

FXを始めると誰もが経験することです。おそらく100人中100人が経験するでしょう。自分がエントリーするとなぜか逆に動くのです。しかも毎回。1回や2回そんなことがあっても不思議ではありません。でも、毎回、毎回、発狂しそうなぐらい逆に動きます。

まるで、自分の部屋に監視カメラがあって、「常に監視されているのか?」と疑いたくなるぐらいです。なぜ、自分がポジると逆に動くのか?理由は大きく分けて2つあります。

関連記事⇒ポジると逆に動く理由と対処法

FXで逆に動く理由 その1 レジサポを見てない

要は、抵抗帯があるわけですから逆行しても全く不思議ではありません。下からV字で上げてき上昇トレンドを形成してます。

逆に動くエントリー

「上に行くやつじゃん!」で矢印でロングしてたら逆に動いて負けてますよね。なぜ逆に動いたのか?このチャートは1分足ですが、水平線は1時間足で引いたレジスタンスです。

レジスタンスを見てない

こうやって見ると、なぜ逆に動いたのか?というのは一目瞭然ですよね。1分足だけ見てもこの水平線には気が付きません。それぞれの、時間足にはそれぞれレジサポがあります。

なので、1分足だけ見てトレードするのではなく、長期足から分析して、しっかりラインなどを確認しておくことが大事。中級者レベルであれば、この逆行は理解できるのではないでしょうか。

知らないと理解できないのがもう一つの理由です。

FXで逆に動く理由 その2 ダマシによる逆行

もう一つの逆に動く理由がダマシです。

重要なのはダマシは、自然発生するものではなく、ダマシを仕掛ける人たちがいるということを知っておくこと。ダマシを仕掛けるのは、ヘッジファンドのような資金力のある人たちです。

チャートがなぜ動くのか?というと、お金が投入されているからです。買う人が多ければ上がるし、売る人が多ければ下がるという単純な仕組み。

なので、資金力のある人たちは、大量の資金を使いチャートを動かすことが出来るのです。ダマシを仕掛ける人たちが何を狙っているか?というと、あなたのお金、つまり損切りです。

ダマシ

相場が大きく動くためには、大量の資金が必要です。そのためには、大量の損切りを巻き込む必要があります。だから損切りを狙ってきます。

損切りを巻き込むためには、前提条件としてポジションを保有する人が多くなければいけません。そのため、ポジションを保有させるために、大量の資金を使い、あえて誘いの動きをするのです。

実際は、あえて大量資金を投入して誘っているのか?逆に手を緩めて誘っているのか?というのは分かりませんが、多くのトレーダーが「買いたい!」「売りたい!」と思うような誘いの動きをするのは間違いありません。

ロウソク足は「上がるぞ~上がるぞ~」と誘ってきます。その動きを見て、世界中のトレーダーが買います。

買いが集中したところでズボっと落とすことで損切りを巻き込んで大きく落ちます。「上がるぞ~上がるぞ~」と誘っているところでポジションを持つから、自分がポジると逆に動くという現象が頻発するのです。

相場は、とにかくイヤらしい動きをするので、イヤらしい動きありきで相場を見ることが重要です。ピュアな心じゃ生き残れないのがFX。経験を積んでいくと、いずれ皆さんも、常に疑った目で相場を見るようになっていくでしょう。

関連記事⇒ポジると逆に動く理由と対処法

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.