ラインを引くことでチャートの動きが読めるようになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXライントレードチャート

相場の動きは不規則に見えますが、チャート上には抵抗帯(レジサポ)があり、その抵抗帯で反発します。FXでチャート上に引く、水平線や、トレンドラインは、その抵抗帯を目に見える形にしたもの。

もちろん、抵抗帯で100%反発するというものではありません。突き抜けることだってあります。「突き抜けたら使えないじゃないか!」そんなことはありません。突き抜けたら突き抜けたで、新たな抵抗帯が出来るのです。

ラインを引くとチャートの動きが予想出来るようになる

FXで安定して勝ち続けるために重要な要素はいくつかありますが、テクニカル的なところだとレジサポがかなり重要。レジサポが見えるようになると、今まで不規則に動いているようにしか見えなかったロウソク足の動きが読めるようになります。

初心者の方が最初に学ぶのが、上昇トレンドや下降トレンド。「上昇トレンド中は買えば良い」「下降トレンド中は売れば良い」ということを学んだのではないでしょうか。確かにそれは正しいと言えますが、それだけを信じてトレードしていても全く勝てません。

現在のチャートを見てみましょう。

下降トレンド

FXを勉強すると最初に学ぶのがダウ理論です。相場には3つの相場がある。一つは上昇トレンド、もう一つが下降トレンド、そして、3つ目が方向感のないレンジ。

上昇トレンドの定義が、高値安値を切り上げる。逆に下降トレンドの定義が高値安値を切り下げる。トレンドが発生したら、明確なサインが出るまでトレンドは継続する。

このようなことを学んだのでないでしょうか。画像のチャートでは、高値安値が切り下げて下降トレンドを形成してます。明確な下降トレンド終了のサインも出てないので、下降トレンド継続中です。

戻り売り

ダウ理論に基づいたトレードであれば、矢印のようなところで戻り売りを狙うのではないでしょうか?でも、ここでの戻り売りは見送るのが安全な選択です。

なぜなら水平線にタッチしているから。このチャートは1分足です。水平線は1時間足で引いたもの。1時間足のサポートラインにタッチしているわけですから、ここから反発しても不思議ではありませんよね。反発する可能性が考えられるなら見送るのが安全。

実際こんな感じでトレンド終了です。

損切り

今回はたまたま、水平線が機能して反発しましたが、水平線が機能しないことも普通にあります。ラインを引いたから、必ずそれが機能するというものではないので勘違いしないようにしましょう。

相場には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つの相場があります。だからといって、常に「どの相場になるか?」と白黒ハッキリさせなければいけないというものではありません。

今はV字してますが、このまま上がり続けるかどうかは分かりません。今の位置からでも落ちる可能性は十分考えられます。どっちに行くか?というのは、正直、今の段階では分かりません。

ラインを引けるようになれば、チャートの動きが読めるようになりますが、それはほんの一部です。ラインを引けるようになっても、ほとんどが分からないと言っても良いと思います。

ほんの一部でも読めれば良いんですよ。自分が分かるところだけトレードすれば勝ちやすいですからね。相場を完全に読む必要なんて全くありません。

重要なのは、自分がわかるところだけトレードして、そこでしっかり利益を出すこと。経験を積んでいけば、分かるところも徐々に増えていきます。それに伴いトレードチャンスも増えていきますよ。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.